お知らせ

ご報告

  • 2019年1月26日 土曜日

いつもご支援を頂いている皆様にご報告があります。

1月25日、国民民主党を離党届を提出し、立憲民主党に入党することをご報告させて頂きます。これまで活動をしてきた衆議院広島県第3区から、参議院東京選挙区に選挙区が変更になることも、併せてご報告させて頂きます。

もともと、ボトムアップ政治を目指す立憲民主党と近い理念や政策であったことや、日々野党に動きがある中、様々なことを知り、支援者や近い者と熟慮の結果、自分なりにポリシーを貫かせて頂くことになりました。

広島に活動の拠点を移して約2年、広島3区を日々歩き、地域の現状や課題を勉強してきました。地域の方々の力強い応援や、叱咤激励、交流を重ねてきたことを考えると断腸の思いです。私は広島で生まれ育ちました。大切に思っています。中でも広島3区は地域コミュニティの重要性、伝統文化と芸能を引き継いでいく人々の挑戦、農業や自然豊かな山間部を守るために若い人たちも地域おこし協力隊として奮闘をする姿などを通じ、「新しい公共」や、「日本を守る」という、真の意味を私に教えてくれた、大事な大事な地域です。広島は私のふるさとです。

今後、高校卒業後より(海外滞在時を除く)一昨年まで暮らしてきた、東京に活動の拠点を移すことになります。人生の半分を広島で、残りを東京で過ごしてきている計算になります。どちらも、大切な地です。

東京に住む人にも、多くの人に大切な「ふるさと」があるはずです。そうした多くの人の想いを代弁する政治をしていきたいと思います。決して選挙区だけにフォーカスするのではなく、日本全体を考えた政治を行っていきたいと思います。

日本はいま、多くの課題を抱えています。

私も働く中で、「女性だから」「少数派だから」という理由で、建前とは大きく違う「理不尽」を感じ、闘ってきました。多様な個性や価値観を尊重していくこと。その理不尽を正していくことが、多くの人が社会の中で活躍できる土台を作ることになります。

それは、学びの機会であったり、年金を含む社会保障制度であったり、制度の犠牲に遭った「ワーキングプア」問題、権力に近い者に皆さんの税金が流れていく制度の創設であったり。原発エネルギー政策もそう。世の中には多くの「理不尽」が蔓延中です。

これは政治で変えていけることです。与党が議席の大多数を占めており、何でも可決できる状況ゆえ、国会でも議論をせず、質問をはぐらかし、時間を空費して採決してしまっています。こうしたいまの「理不尽なハチャメチャ政治」を糺していくため、次の参議院選挙では、与野党の数を少なくとも拮抗させる必要があります。

1議席をもぎ取るため、全力で挑戦をいたします。

なにとぞ、ご理解を頂けましたら幸いです。

これまで広島3区で支えて下さった、全てのみなさまに心から御礼と、選挙区が変わってしまうお詫びを申し上げます。これからも、広島は私のふるさとです。引き続きのご指導・ご鞭撻をお願いいたします。

 

平成31年1月26日
塩村あやか

 

プロフィール

塩村あやか

1978年7月6日生まれ。放送作家として「24時間テレビ」「シューイチ」など数多くの番組を担当。2013年6月、世田谷区より東京都議会議員選挙に出馬、当選。

インタビュー

twitter

facebook

個人献金のお願い

塩村あやかと一緒に活動してくださる ボランティアの方募集中

劣悪な環境のペットショップについて

お問い合わせ先・ご意見

E-mail
info@shiomura-ayaka.com

Copyright © 2017 塩村あやかオフィシャルWEBサイト All Rights Reserved.